おしりの痛み

ホーム  »  無料でお試し下さい!【下半身編】  »  おしりの痛み

おしりに痛みが有り、腰を反ると痛い場合は。

整体CANへ予約前にお試しください!

おしりが痛い!って方が来院されました。
お話を伺っていると、どうやらおしりが痛くなる以前から腰を反ったりすると痛みが出ていたそうです。特に、朝起きると特に腰の痛みがひどく、しばらく動いているとだんだん症状がおさまってくるそうとの事で、おしりにまで痛みが出始めて怖くなり来院されました。そこで、ある可能性を疑ってみて徒手検査を行ったら変化が出ました。

ずばり、「坐骨神経痛」です!

腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因によって神経を圧迫・刺激されることでああらわれる、痛みやしびれなどの症状のことを指します。


多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれがあらわれるだけでなく、麻痺や痛みによる歩行障害を伴うこともあります。

原因として一般的に多いのは、
年齢が若い方では「腰椎椎間板ヘルニア」、高齢者では「腰部脊柱管狭窄」です。。
腰部脊柱管狭窄、腰椎椎間板ヘルニアともに背骨の腰の部分に起こる異常によって坐骨神経が圧迫され、下半身に痛みやしびれを引き起こします。

しかし、整体CANが考える原因の可能性はそこを焦点としません。実際、病院で「ヘルニアがあります」と診断された方でも、症状が出ていない方も結構いらっしゃいます。
それはなぜ?
この痛みやしびれのある場所は、他に原因があるかもしれないと考えていく事が大事です。
↓↓↓↓↓



どうでしたか?
少しでも変化が出た方、整体CANでお役にたてます!


整体CAN
那覇市の古島駅から徒歩3分!
平日 9:00 ~ 19:00(応相談)
(18時以降は前日までの予約が必要です)
土曜日 9:00 ~ 12:30(応相談)
定休日 日曜・祝日

*院の看板は設置してませんのでお電話ください。

お問い合わせ・ご予約は
☎ 080-9187-5604
ページの先頭へ